DYM就職の評判ってどうなの?利用者67名の口コミを見ながら特徴や向いている利用者を徹底解説!

この記事はこんな人におすすめ

  • 就職を考えている人
  • 転職を考えている人
  • DYM就職について知りたい人

 

フリーアナウンサーの宇垣美里さんのWEBCMでおなじみのDYM就職を知っていますか。

youtubeのCMなので見る人も多いのではないでしょうか?

「DYM就職」という名前だけは知っていて、実際にどのようなサービスがあるかなどは分からないという方も多いでしょう。

今回はDYM就職の利用者の評判・口コミを混じえながら解説していきます。

 

目次

DYM就職って?

DYM就職

 

DYM就職は第2新卒や既卒、フリーター向けの、正社員就職サポートに特化した就職・転職エージェントです。

利用料は完全無料です。

拠点は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡にあり、近くに住んでいる方は直接ここで面談ができます。

もし、遠方にお住まいの方は、WEBでの面談も可能です。

サイト上の求人検索に掲載されている求人は60件ほどしかありませんが、それはほんの1部で、非公開の求人も合わせると約2,000件の求人を抱えています。

 

DYM就職の求人について

DYM就職の求人についてサイトに公開されているものを調べようと試みましたが、サイト上に公開されている求人はたったの58件でした。

転職エージェントなので、大半の求人が非公開なのは理解できますが、あまりにも公開されている求人が少なすぎます。

どの転職エージェントでも800~1,000件程度は求人を公開しているのが一般的です。

これでは利用できるかできないかをサイト上の求人で判断することは不可能に近いです。

個人的には、公開求人はもっと増やすべきではないか、と感じますし、それをした方が結果的に利用者は増えるのではないか、と感じます。

 

DYM就職の特徴

DYM就職にはどのような特徴があるでしょうか。

 

・入社後の離職率が低い

・特別選考あり

・人柄重視

・書類選考なし

・中小企業>大手企業

 

順にみていきましょう。

 

DYM就職の特徴1:入社後の離職率が低い

DYM就職では、2000社以上の紹介求人を扱っています。

上場企業からベンチャー企業まで幅広く扱っていますが、その中で本当にその人に合う企業を紹介することに非常に力を入れています。

ミスマッチは少なく、就職率は96%、入社後の離職率はたった3%です。

離職率3%はとてつもなく低い数字で、例えば私が新卒で入った企業の離職率は同期で見ると70%です(笑)

 

DYM就職の特徴2:特別選考あり

DYM就職は採用担当者や社長と直接交渉し、良い人がいれば、特別選考を設けています。

 

・いきなり最終面接

・1次面接なし

・適性検査なし

 

など特別選考の内容はそれぞれです。

面接のサポートも充実しており、転職活動中の忙しい時でも、企業と直接やりとりをし、日程調整をするため、安心して利用できます。

 

DYM就職の特徴3:人柄重視

DYM就職は学歴や職歴よりも人柄を重視しています。

そのため、学歴や職歴で劣る第2新卒や高卒・フリーター向けの正社員の求人も多数存在しています。

実際に今までフリーターだったという多くの人が正社員として就職を成功させています。

 

DYM就職の特徴4:書類選考なし

学歴や職歴が弱いと大手の転職エージェント経由ではそもそも書類選考で落ちてしまい、面接まで進むことができません。

既卒やフリーターの方が、転職活動をしていくうえで「書類選考すら通過しない」ことは挫折するポイントです。

DYM就職では書類選考がありません。

確実に企業の人事や担当者と対面して、合否をもらうことが可能です。

 

DYM就職の特徴5:中小企業>大手企業

大手企業の紹介もあるものの、少数です。

フリーターや既卒向けの転職エージェントということもあり、紹介求人の多くは中小企業になります。

大手企業に行きたい方の利用には向いていないかもしれませんが、正直、既卒やフリーターからの正社員転職でいきなり大手企業に入るのはかなりハードルが高いので、まずは中小企業でスキルや経験を積んで、そこからステップアップするのが良いかと感じます。

 

 

DYM就職の良い評判

DYM就職の良い評判を紹介いたします。

 

・書類選考無しで面接に進められる

・在籍エージェントが丁寧にサポートしてくれる

・40代でも就業先を探してくれる

 

順に見ていきます。

 

DYM就職の良い評判1:書類選考無しで面接に進められる

女性アイコン1

20代女性

DYMは数打たないで書類無しの企業面接ボーン!ていけるから楽かも

 

男性アイコン1

20代男性

今まで、アルバイトや派遣社員の働き口しかなく、でも、そろそろちゃんと正社員として就職したいと考えていました。しかし、今まで自分で求人を見て応募しても、なかなか採用に恵まれませんでした。何度履歴書を書いたか分かりません。でも、DYM就職なら、自分の経歴、希望の職など登録するだけで、書類選考無しで面接に進むことができました。

 

職歴が浅かったり、未経験の方は、他エージェントでは書類選考が通らないことも多くあるため、それが原因で挫折してしまったという方もいるでしょう。

DYM就職なら、書類選考無しで一気に面接に進むことが可能です。

強いパイプで採用担当や社長と直接話すことができるため、通常提出書類に書けないような細かい情報も伝えることが可能です。

そのため他エージェントが行う書類選考からの面接より、スムーズな展開で面接ができるようになります。

通常の流れは「面談・応募→書類選考→面接→内定」ですが、DYM就職は「面談→面接→内定」です。

スピーディーに選考が進むため、比較的早く内定を貰えます。タイミングがあえばですが、「1週間で内定が貰えた」という声もありました。

 

DYM就職の良い評判2:在籍エージェントが丁寧にサポートしてくれる

男性アイコン1

20代男性

DYMを最近使い始めたんだけど、担当の方が年齢が近めなのでとても話しやすいし、雰囲気も堅苦しい感じとかではなくフランクなので相談しやすい

 

DYM就職に在籍しているエージェントは、とても丁寧にサポートしてくれるという声が多数ありました。

エージェントが一から就職までサポートをしており、就職未経験やフリーターの方でも安心して就職活動を行えるようになっています。

就職が初めてでやりたいこと、希望職種などが分からない場合は、カウンセリングを通して自分を見つめなおし、あなたの人生の棚卸しを一緒に行っていきます。

会社への推薦だけではなく、面接の練習や書類作成の手伝いから、面接時の服装、言葉遣いまで丁寧に教えてくれます。未経験でも心配する必要はありません。

またDYM就職のエージェントは比較的年齢が若く、20代から30代で揃えられています。

利用者も20代が多いため、非常に話しやすいとの声も多くありました。

ホームページの「エージェント紹介」では顔写真付きで、そのエージェントの思いや強みなどを確認することができます。

相談する相手の雰囲気を確かめることができるため、初めてで不安な方も安心して利用できるでしょう。

 

DYM就職の良い評判3:40代でも就業先を探してくれる

女性アイコン1

20代女性

私は40代の女性で、シングルマザーです。収入がよく、安定した企業への転職を希望しました。
DYM就職を利用して、適切にアドバイスを受け、希望の転職先を紹介してもらえ、すぐに採用が決まりました。
こんなにすんなり決まるとは、全く思いもよらず、びっくりです。子どもの為にしっかり頑張って働きたいと思います。

 

DYM就職のメイン利用者は、バリバリ働きたい20代なのですが、口コミのように40代の就業希望者の方の就業先探しをサポートしてくれます。

正直、40代となると、その人のスキルや経験による部分が非常に大きいですが、40代でも年齢で見切るのではなく、丁寧に支援してくれる点は嬉しいですね。

 

DYM就職の悪い評判

DYM就職の悪い評判をご紹介いたします。

 

・求人数が比較的少ない

・ハイクラスな求人が少ない

・強引な勧め

・時間を守らない

 

順に見ていきます。

 

DYM就職の悪い評判1:求人数が比較的少ない

男性アイコン1

20代男性

DYM就職には、職歴が浅い方、未経験、フリーターの方などが応募できる求人を多く扱っていますが、全体の求人数は大手の転職エージェントに比べると少なめです。

 

DYM就職の拠点は東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島の7カ所です。

拠点は地方都市にも構えているものの首都圏以外の拠点では、職種によって求人がほぼないこともあるそうです。

様々な職種の求人を扱ってはいますが、経験がなくても比較的チャレンジしやすい「営業」などの職種に求人が偏っている傾向にあります。

経験が必要とされる「企画・マーケティング」「事務・管理」などの求人は少なめで設定されています。

求人数が全てではないですが、職種によって大きなばらつきがあるため、一度自分の希望する職種に関してチェックすることをおすすめします。

 

DYM就職の悪い評判2:ハイクラスな求人が少ない

男性アイコン1

20代男性

ここの登録企業のうち大手企業はごく一部なので、大企業を狙うなら他のもっとメジャーな転職サービスの方がおすすめです。

 

現状でしっかりとした学歴やキャリアがあり、転職してステップアップをしようと考えている方にとっては、少し物足りないと感じてしまう可能性があります。

実際にリクルートなど大手企業の求人も存在しているのですが、それはごく一部で、ほとんどは優良な中小企業、ベンチャー企業になります。

DYM就職はもとよりターゲットを第二新卒やフリーター、未経験の方に向けており、正社員になるための就職サポートに最も力を入れています。

企業側が求める人材も、「即戦力」「ハイキャリア」ではなく、「やる気がある」「まじめ」など気持ち重視で選んでいる傾向にあります。

質ではなく量で、まずは人材が欲しいという企業の求人が多いため、ハイクラスの求人はおのずと少なくなります。

 

DYM就職の悪い評判3:強引な勧め

男性アイコン1

30代男性

スタッフのサポートが少し強引な所があり、自分には合っていない仕事でも勧めてくることがありました。

 

他の転職エージェントでもそうなのですが、求職者がどこかの企業に入社して初めて、入社先の企業からお金が支払われます。

面談しただけでは、1円も利益になりません。

個々のキャリアアドバイザーにノルマを課している人材会社も多く、このような口コミはよく見かけます。

 

DYM就職の悪い評判4:時間を守らない

女性アイコン1

20代女性

担当の方が時間を守らず、遅延でドタキャンや時間を間違えていて来なかったなど。そのような人から面接のことや就職のこと、求人に至るまで、教えて頂くのが嫌になりました。

 

キャリアアドバイザー側も暇をしているわけでなく、毎日忙しなく、働いているでしょう。

ただ、そんな忙しない中でも時間を守るのは人として当然のことです。

もし、遅れるのであれば、時間変更なり、何分遅れるなどの事前連絡は必須でしょう。

正直、連絡もなく、時間に平気で遅れるようなキャリアアドバイザーは、自分が仕事を紹介してやってる立場だと思い、上に立った気でいるのでしょう。

最悪のキャリアアドバイザーです。

 

DYM就職評判【利用感想】

DYM就職の実際の利用者1名の長文での利用感想を共有します。

※あくまで大勢の利用者の中の1名の意見なので、そこを理解した上でお読みください。

 

女性/20代前半

「DYM就職」は20代の時にお世話になりました。

四年制大学卒業後、新卒入社で大手生命保険会社に入社しましたが、業務内容が合わなかったことを理由に3ヶ月少しで退職しました。

「新卒入社した会社を3ヶ月で退職するのは早過ぎる!」

と親に言われましたが、他社の営業職に就いた友達は2ヶ月で退職していたので、

「私は退職して楽になったよ、仕事も大事だけど自分に合った仕事に就く方が大事。」

と言わたので、その言葉を励みに、「第二新卒」枠で転職活動することにしました。

転職活動を行う時に、ハローワークと並行していましたが、「DYM就職」は、「第二新卒向けの求人が充実している」ので利用することにしました。

 

■利用して良かったこと

1、アドバイザーがいる

「あなたはまだ若い、時間はかかるかもしれないけれど必ず転職出来ますよ。」

と励まされたことです。

アドバイザーがいると安心出来る、24時間いつでもメールを送ることが出来るので助かりました(返信は営業時間内ですが)。

 

2、コラムが役立った

「新卒」「第二新卒」の違いがわかったこと、転職は簡単に出来ないという心構えが出来ました。

多くの方達が同じ様な条件で転職活動して、自分の強みを知ること、前職の退職理由を前向きに言える様にすることが大切です。

 

■利用して良くなかったこと

1、事務職の求人数が少ない

私は事務職を希望していましたが、事務職の求人が少なくて残念でした。

営業職、販売職の求人は充実しているので、経験として試しで応募してみれば良かったですし、希望職種にこだわらずに、まずは応募してみることが大切だと思います。

2、都市部に求人が集中している

地方都市で就職希望している方は求人が見つかりにくいでしょう。

魅力ある会社や職種が多いですが、大半が大都市になります。

 

全国展開をしている会社であれば応募してみるのもいいですが、地方都市、地元で就職したい方はハローワークを利用することをオススメします。

結果的には、「DYM就職」の求人で就職することはしませんでした。

地元のハローワークの求人票を見て、事務職に就きました。

今は外働きをしていない、在宅ワークでライティングを中心に行っていますが、「DYM就職」を利用した経験が役に立っています。

それは、文章構成の仕方、文章をまとめる力、プレゼン力です。

子育てが落ち着いたら外働きをしたいと考えていますので、その時は「DYM就職」を利用して、希望条件(年齢・職種・勤務地など)に合った求人が見つかれば応募したいと思います。

 

 

【評判から考える】DYM就職はどんな人におすすめ?

ここまでDYM就職の評判をみてきました。

それを踏まえて、どんな人がDYM就職の利用に向いているのでしょうか。

 

・中小企業やベンチャー企業志望

・学歴や職歴に自信がない

・書類選考で落ちる

・20代〜30代前半

 

順にみていきましょう。

 

DYM就職に向いている人1:中小企業やベンチャー企業志望

口コミにもありましたが、DYM就職には有名な大手企業の求人はそんなに多くはありません。

有名企業への転職を考えている人は、リクナビエージェントDODAエージェントなどの大手転職エージェントの利用を検討すべきでしょう。

大手ではなく良質な中小・ベンチャー企業の求人数は豊富なので、そういった企業を志望する方にはDYM就職はぴったりかもしれません。

 

DYM就職に向いている人2:学歴や職歴に自信がない

DYM就職は、高卒や専門卒、フリーターの方向けの転職エージェントです。

本当かな・・?と感じる方もいるかもしれませんがサイトにも明記されていますのでご安心ください。

大手の転職エージェントは学歴や職歴を重視する傾向があり、面談すらしてもらえないこともあります。

DYM就職では希望者全員と面談します。

 

DYM就職に向いている人3:書類選考で落ちる

転職サイトや転職エージェントを利用して、企業に応募した際、毎回書類選考で落ちてしまう人はいませんか。

学歴や職歴に重きをおかれるとそのようなことが起きてしまいます。

そんな人でもDYM就職であれば、書類選考なし!なので、その心配はありません。

 

DYM就職に向いている人4:20代〜30代前半

DYM就職は表向きには利用の年齢制限を設けていませんが、20代〜30代前半がメインの利用ターゲット層です。

30代後半になると、紹介できる求人が大幅に減ってしまうので、30代前半が利用層のギリギリのラインでしょう。

しかし、口コミにもあったように40代で就職成功した方もいます。

 

DYM就職の利用の流れ

DYM就職の利用の流れを説明します。

他の転職エージェントも同様の流れなので、把握しておいてください。

 

・無料登録

・面談の設定

・キャリアドバイザーとの面談

・求人紹介

・選考

・内定

 

順に解説していきます。

 

DYM就職の手順1:無料登録

まずは、DYM就職のサイトで無料登録を行ってください。

名前や生年月日、住所、電話番号などの基本情報を入力します。

 

DYM就職の手順2:面談の設定

面談予約フォームで空きのある日時に面談を予約します。

または担当者から電話がくるので、そこで面談の日程を決めます。

 

DYM就職の手順3:キャリアドバイザーとの面談

面談は、対面とリモートのどちらかになります。

面談場所が近い場合は直接、遠方の場合はリモートになることがほとんどです。

 

DYM就職の手順4:求人紹介

面談を通じて、キャリアアドバイザーがおすすめの企業をいくつか紹介してくれます。

それらをみて、自分が受けたい企業があれば、キャリアアドバイザーに伝えます。

もし、どの企業も微妙、、、であれば、再度出し直してもらうことも可能です。

出してもらった企業に不明点があれば、キャリアアドバイザーに聞くようにしましょう。

 

DYM就職の手順5:選考

受けたい企業が決まったら、キャリアアドバイザーの指示に従って、その企業の選考に進んでいきます。

基本的には、キャリアアドバイザーが履歴書などを企業側に送り、書類審査になります。

書類が通れば、面接です。

日程調整などはキャリアアドバイザーが就活生と企業の間に入り、行ってくれるので、決まった日時にその企業へ出向く形になります。

希望すれば、書類添削や面接対策なども行ってくれるので不安な場合は相談しましょう。

 

DYM就職の手順6:内定

面接の結果、内定が獲得できれば、入社までの流れを簡単に説明され、必要書類を入力しておしまいです。

もし、残念ながら不合格になった場合は、またキャリアアドバイザーにおすすめの求人を出してもらい、選考に進む流れです。

受けた企業にもよりますが、キャリアアドバイザー経由で不合格の理由を聞くことができるかもしれません。

気になれば、キャリアアドバイザーに1度聞いてみるもアリです。

 

DYM就職以外のおすすめ転職サイト

DYM就職以外にもいくつか転職エージェントを検討したい方もいるでしょう。

そんな方のためにおすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

 

・就職shop

・ハタラクティブ

・ウズキャリ

 

 

DYM就職以外のおすすめ転職サイト1:就職shop

就職shop

 

1つ目は就職shopです。

中卒・高卒、フリーター、ニートなど学歴や職歴に不安がある20代向けの転職エージェントです。

リクルートが運営しており、安心して利用いただけます。

今までに10万以上が利用しており、登録企業も8,500社を突破しています。

DYM就職と同様に書類選考はカットで、面接からスタートです。

 

 

 

DYM就職以外のおすすめ転職サイト2:ハタラクティブ

ハタラクティブ

 

2つ目はハタラクティブです。

ハタラクティブはITメガベンチャー企業のレバレジーズが運営する転職エージェントです。

運営元がIT企業なこともあり、IT系の紹介求人が多数あります。

20代であれば、未経験OKな求人も多いので、思い切ってキャリチェンジすることも可能です。

利用者の内定率は約8割で、ほとんどの人が最低1社以上は内定を獲得していることになります。

 

 

 

DYM就職以外のおすすめサイト3:ウズキャリ

ウズキャリ

 

3つ目は、ウズキャリです。

既卒やフリーター向けの転職エージェントで、書類選考通過率87%、内定率86%、定着率93%とかなり高い数字になっています。

サポート形式は、個別サポートとグループサポートどちらかを選べます。

また、キャリアカウンセラー全員が元第2新卒 or 既卒

 

 

 

 

まとめ:学歴や職歴に自信がない人にDYM就職はおすすめです

ここまでDYM就職の評判や特徴をまとめてきました。

最後に押さえるべきをまとめます。

 

・第2新卒、既卒、フリーター向けの転職エージェント

・書類選考ナシ

・特別選考あり

・紹介求人は2000社以上

・大手企業よりベンチャーや中小企業が多い

 

DYM就職は第2新卒、未経験、フリーターの方などの、職歴や経験が浅い方に、非常におすすめできる転職エージェントです。

書類選考無しで面接に進めたり、エージェントも年齢が若いため、堅苦しくなく話しやすかったりと、初めて就職する方にとっては嬉しいサービスやサポートが多くあります。

キャリアアップではなく、まずは確実に「正社員」としていち早く働きたいと思っている方には非常におすすめです!

利用料完全無料なので、是非1度チェックしてみてください。

 

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-転職を知る, 転職エージェント

Copyright© キャリア図鑑 , 2021 All Rights Reserved.