キャリトレの評判って本当はどうなの?利用者の口コミを見ながら解説!

この記事はこんな人におすすめ

  • 転職を考えている人
  • キャリトレを利用したい人
  • キャリトレの評判を知りたい人

 

キャリトレCM

 

近頃、上に表示しているCMを見かけることはありませんか?

 

このCMのサービスこそ今回ご紹介するキャリトレです。

 

印象に残るCMのため名前は覚えやすいのですが、実際どのようなサービスがあるのかなど、キャリトレを十分に知らない方が大半なのではないでしょうか。

 

今回はキャリトレの本当の評判を、口コミを混ぜながら解説していきます。

 

キャリトレって?

 

キャリトレは株式会社ビズリーチが運営しており、登録者の73%を20代が占める、20代や第二新卒向けの転職サイトです。

 

転職エージェントとは違いサポートや提案は少ないですが、自分のペースで転職活動を進めることができるため、そういった方は利用するようにしましょう。

 

20代向けの求人を比較的多く扱っており、求人数は120,000件にのぼります。

 

通常の転職サイトとは違い、毎回サイトにログインして求人を検索し閲覧するのではなく、希望条件を設定しておけばその条件に合った求人を毎日レコメンド求人として届けてくれます。

 

その求人に対して良いか悪いかを判断していく、手軽に始めることができる新たな転職サイトです。

 

日々異なった企業の求人を紹介してくれることもあるため、思わぬ企業との出会いが期待できます。

 

キャリトレとビズリーチは何が違う?

 

キャリトレの運営会社のビズリーチはキャリトレの他にビズリーチという社名と同じ人材サービスを展開しています。

 

キャリトレとビズリーチはCMも非常に似ているので混合されてしまう人もいるかもしれません。

 

CMだけでは何が違うのか非常に分かりにくくなっていますが、決定的な違いは、それぞれが持つメインターゲットコンセプトにあります。

キャリトレ

20代、第二新卒をターゲットとしており、キャリアアップを目指す20代、若手向けの転職サイトです。

 

ビズリーチ

30代、40代のある程度のキャリアを積んだ人をターゲットとしており、即戦力で働けるハイクラス向けの転職サイトです。

ほとんどが500万以上の求人になります。

 

自分の年齢やキャリアに合ったサイトを選ぶといいでしょう。

 

その中で着実にスキルアップがしたい方は30代でもキャリトレの方がいいですし、キャリアに自信があったり、挑戦してみたい方は20代でもビズリーチを選ぶことは可能です。

 

またどちらの可能性も考えられる方は、一度両サービスを登録をしてみて、併用していくことをおすすめします。

 

キャリトレの良い評判・口コミ

 

では、話をキャリトレのみに戻していきます。

 

皆さんが気になるであろうキャリトレの良い評判・口コミをご紹介いたします。

 

・直感的な操作が可能で使いやすい

・優秀なスカウト機能がある

 

順に見ていきましょう。

 

良い評判・口コミ1:直感的な操作が可能で使いやすい

 

女性アイコン1

20代女性

ビズリーチ社のキャリトレが一番使いやすいかな。求人レコメンドの精度も高いしベンチャーでも魅力的な求人が多いね。

 

キャリトレのサイトやサービスが使いやすいという声が多くありました。

 

パソコンやスマホで使え、さらにスマホ用にはアプリもあるため、毎日使う際には非常に使い勝手がいいです。

 

簡単な初期設定を済ませておけば、あなたにおすすめの求人が紹介されていきます。

 

気になった企業には積極的に「興味がある」をタップしておきましょう。その内容をAIが分析し、日々自分に合った求人を紹介してくれるのです。

 

また単にそれぞれの求人情報だけが載っているだけではありません。サイト内には季節、時期に合った最新の特集が組まれたり、豆知識、ノウハウなども更新されます。

 

その瞬間に旬な転職情報を次々と取り入れることが可能なため、時代に合った転職活動を進めることができます。

 

転職活動中の方はもちろん、すぐすぐではなくともいつかは転職しようと考えている方も、一度登録してみて求人をチェックしてみてもいいでしょう。

 

就業中しながら転職活動を行うことは非常に体力を使います。

 

しかしキャリトレなら、アプリで簡単に開け、かつとてもシンプルで扱いやすいため、時間がなくて困っている方にもおすすめできます。

 

良い評判・口コミ2:優秀なスカウト機能がある

 

男性アイコン1

20代男性

エージェントを使わずに転職するなら、キャリトレが結構よかった。リクナビとかDODAだとスカウト来ても書類落とされまくったけど、キャリトレはかなりの確率で面接に進めたので。

 

 

転職エージェントを使わずに転職活動となると、企業からのスカウトが非常に重要になってきます。

 

キャリトレでも「プラチナスカウト機能」というスカウト機能があり、登録しているデータをもとに企業からのスカウトを受けることができます。

 

他の転職サイトではスカウトといっても、説明会への招待や誰でも構わずテンプレで送られていたりするため、書類選考で落ち最終的に面接に進めないことが多くあります。

 

しかしキャリトレのプラチナスカウト機能は、そのスカウトが届くと面接が確約されるのです。

「興味がある」をタップすると、求人の企業側にも知らされ、企業はその時点であなたの経歴などを確認できるようになっています。

 

企業はその経歴を十分に確認し、「ぜひ一度話してみたい」と思った人に対して、プラチナスカウトを送っているため、書類選考は必要ないのです。

 

プラチナスカウトが送られれば、有利に進む可能性が高いため、自分の経歴やキャリアはできるだけ細かく設定しておきましょう。

 

キャリトレの悪い評判・口コミ

キャリトレの悪い評判・口コミをご紹介いたします。

 

・頻繁にメールが来る

・レコメンド機能が上手く機能していない

 

順に見ていきましょう。

 

悪い評判・口コミ1:頻繁にメールが来る

女性アイコン1

20代女性

キャリトレに登録したら死ぬほどヘッドハンティングメール来て気持ち悪い。

 

転職サイトに登録をするとメールが頻繁に来るという事はよくありますが、キャリトレは他に比べてやや頻度高いという声がありました。

 

30分おきにメールが届くという声もあり、一日に何十件も届くことが多くあるようです。

 

PCのメールなどは様々な用途で使ってる方も多いでしょうし、あまりに頻繁にメールが来ると他のメールが埋もれてしまうなどの不都合が出てきます。

 

そういった方は、アプリでも同様のサービスが配信されているため、アプリの方を活用することをおすすめします。

 

アプリの中で直接通知が来るため他の通知と混同することも無いですし、若干ではありますが仕様が変わっており、アプリの方がシンプルで使い勝手がいい印象です。

 

メールは必要ないという方は、すぐに設定から配信を停止しておきましょう。

 

「プラチナスカウトのお知らせ」、「レコメンドのお知らせ」、「その他のお知らせ/ SNS」の中からミュートにしておきたい機能をそれぞれ選択しておくだけです。

 

悪い評判・口コミ2:レコメンド機能が上手く機能していない

男性アイコン1

30代男性

キャリトレとかクソ。AIとか言ってるけど単純なプログラムで似たような求人案件しか回してこないし、ニーズも合致しない。

 

キャリトレはAIによって、転職者の希望に沿った求人を日々紹介してくれるレコメンド機能があります。

 

このおかげで今まで見つけられなかった求人に出会えたという方も非常に多いです。

 

しかしその一方で利用者によっては、レコメンド機能の制度が良くないから使えないという意見も多く見られるのです。

 

キャリトレのレコメンド機能は主に、紹介された求人に対しての「興味がある」「興味がない」の振り分けをもとに分析し、自分にあった求人を紹介しようとしています。

 

登録してからずっと放置をしていたり、見ているだけで何もしていないなど、積極的にアクションをしていなければ、毎回同じような求人を紹介される可能性があるのです。

 

毎日求人をチェックしアクションを起こしているにも関わらず、紹介される求人が的外れなものばかりの場合は、一度自分自身の情報を整理してみることをおすすめします。

 

AIは転職者の経歴と日々の動きの2つのデータをもとに、分析しています。

 

経歴の見直しで改善できる可能性もあるため、経歴から希望条件などまで、もう一度確認し細かく入力するようにしましょう。

 

まとめ:キャリトレの評判を頭に入れて手軽に転職活動を始めてみよう

 

ここまでキャリトレの評判についてまとめてきました。

 

キャリトレは20代、第二新卒の求人を多く扱っており、若い世代の方には非常におすすめできる転職サイトです。

 

忙しくて転職をする時間がない方でも、アプリを介して簡単に利用することができるため、いつでもどこでも求人検索や転職の有益な情報を確認することができます。

 

今すぐの転職だけでなく、今後どこかのタイミングで転職をしたいと考えている方も、自分のペースで進めることができるため、気になる方は一度チェックしてみてください。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.