スキルなしで転職どうしよう...傾向と対策について

スキルなしで転職どうしよう...傾向と対策について

「転職活動をする予定だけどスキルがない」

そうお悩みの方、実は多いのです。

新しい業界に飛び込みたいけれど、いま持っているスキルが役立つか不安…

スキルといえば資格だけど、なんの資格も持ってない…。

採用担当をしている筆者がよく聞くお悩みはこの2点。

ですが、皆さんが考えているスキルと実際に必要とされているスキルは別物かもしれません。

この記事では、一般的にスキルと呼ばれているもの(若さ、資格)を持たない場合にアピールできる意外なものをお伝えします。

 

なぜ転職でスキルが必要とされるのか

これは新卒採用と中途採用の違いで説明できるでしょう。

新卒採用の場合、求められるのは素直さや仕事への意欲などで、それは面接での受け答えの良さや学生時代の成績、しっかり練られた志望動機などで測られることが多いです。

対して中途採用の場合、社会人となって数年経過していることが多いことから、それ相応のスキルが求められます。応募の際に履歴書だけではなく職務経歴書の提出が一般的なのはそのためです。

これから仕事を覚えていく新卒社員のような素直さではなく、社会人としての基本的な常識やマナーを既に身につけていることが期待されます。

日本ではまだまだ新卒至上主義と言われていますから、スキルのない中途社員を採用するならスキルがなくてもこれから長く働いてもらう期待ができる新卒社員の採用に力を入れる企業が多いのです。

 

熱意や志望度はスキルの代わりになり得るか

と言われても、熱意や志望度なら最近の若者には負けない!というやる気あふれる転職者の方も多いでしょう。

特に、Z世代と呼ばれる若者たちは自由な働き方を好むため、1つの企業に長く腰を落ち着けたいという価値観がないとよく言われています。

そう聞くと熱意や志望度も武器になるような気になってくるでしょう。

この考え方は要注意です。

確かに、簡単に辞めてしまいそうな求職者よりも、長く働いてくれそうな求職者のほうを採用したくなるのは採用担当として当然のことです。

私の会社でもそうです。

ただ、熱意ほど曖昧なものもありません。

スキルと違って感情は変動します。

面接で熱意を見せて頂くのは大変嬉しいのですが、それを第一の判断基準に置いて合否を判定する企業は少ないでしょう。

ですので、面接の際にはここのアピールに重きを置いてしまうと、「ただの元気な人」という印象になってしまいます。

あくまで、「私はこの会社でこのように貢献できます」と伝えた上での、上乗せとして熱意を見せましょう。そうであれば大変効果的です。

また、新卒ではなくても若ければ熱意のアピールはしたほうが良いです。

面接先の企業で働いている人たちの平均年齢を聞いておくと◎。

 

スキルがない場合の転職時のアピールポイント

いよいよ本質に入ってきました。

同業他社への転職であればまだしも、未経験職種に挑戦する場合は誰しもスキルなしの状態で飛び込むことが殆どです。

若さも資格もない、そんなときにアピールすべきものは熱意以外に何か?

ここでは3点紹介します。

1.マネジメント経験

前職でプロジェクトをまとめていた、学生時代にバイトリーダーをしていた、昔から姉御肌でよく人生相談をされる…。そんなエピソードがあればマネジメント経験として積極的に話してください。

なぜなら、中途で入社した場合、数年後に管理職となることを見据えての採用であることが多いからです。

その職種に必要なスキルを持っていないとしても、このマネジメントスキルでカバーできるということ。

自社で管理者を育てようと思っても、プレイヤーは育っていてもマネージャーが育っていない…ということで悩んでいる企業は多いもの。

そこに救いの手を差し伸べるつもりでアピールしてみてください。

すでに役職についている社員の転職は少ないため、実際に管理職に就いている必要はありません。

周りを見渡す視点をもち、困っている社員がいたらさりげなくフォローし、伸びている社員がいたら褒めてさらに伸ばし、自分自身は偉ぶらない…。あなたが理想とする上司はどんな上司ですか?自分もそんな上司になろうとしている、そういう意識があることを伝えましょう。

2.前職での経験

メーカー出身だけどITの仕事をしてみたい。田舎で事務の仕事をしていたけど、思い切って美容記事のライターになりたい!etc…

え?まったく未経験の職種に飛び込む場合でも経験が役立つの?と思われた方、読んでみてください。

前述の通り、最近はひとつの企業に長く勤めるよりも自分のやりたいことを優先する人が増えている時代です。

未経験の職種へ飛び込もうとする転職希望者も自然と増えているでしょう。

そこで、「異業種連携」という言葉を検索してみてください。

異なる業種の企業が力を合わせることで、全く新しい業種を生み出すことを言います。

自動車業界がアパレルとコラボしたりしているのを聞いたことはありませんか?

難しい言い方をしてしまうとピンとこないかもしれませんが、例えばあのメルセデスベンツがカフェを併設したという事例。

ベンツの店舗に足を踏み入れる垣根を低くしたことでベンツの売上自体が3割アップしたというのは有名です。

他にも筆者の街には眼鏡屋さんとカフェがコラボしていたり、イラストが描けることを売りにした筋トレYoutuberの方がいたりします。

こういう例だと身近に感じてきませんか?

そうです、異業種の経験というのはいまや武器なのです。

消費者のニーズが細分化され、様々なサービスが出尽くしたかに思われる現在。新しい商品やサービスを生み出すには、これまでにない人材の掛け合わせが必須と言われています。

メーカーの視点を持ったITエンジニア。

田舎の不便さを逆手に取った提案ができるライター。

これはあくまで例ですが、もともとその業界にいた人にはないアイデアを出してくれそうな気がしませんか?

あなたが持っているスキルを掛け合わせて、転職先の企業が思いつかなかったようなアイデアが生まれるかもしれません。

3.人としてのスキル

自分にはスキルがないと思っている方。少し待ってください。

これまで述べてきたように、スキルとは若さや資格のことだけではありません。

ただ、マネジメント経験や異業種の経験を持たない方も多いでしょう。

そんな方はご自身の人間力で勝負する他ありません。

すなわち、人としてのスキルです。

開発職や生産技術職、エンジニアといったいわゆる技術系の職種は文字通り資格が求められてしまいますが、営業や事務などは人間力勝負!

相手が求めていることを読み取り、適切なタイミングで解決し、この人にまた頼みたいと思ってもらう。

学生の頃から周りに好かれる人っていましたよね。

それは社会人になっても活かされる最強のスキルなのです。世の中の仕事は誰かの悩みを解決することで成り立っています。そう考えると技術系のお仕事も同じかもしれません。

人間力と言われても曖昧過ぎてよく分からないかもしれませんが、笑顔と清潔感、相手のことを知ろうとする姿勢など、これは求職者として備えておいてほしい“スキル”です。

覚えておいてください。

 

スキルなしの転職には転職サイトがおすすめ

転職の手段として、現在、主なモノは、

・転職サイト

・転職エージェント

・ヘッドハンティング

でしょうか。

友人からの紹介はここでは省かせていただき、上記3つの中だと、どれが1番スキルなしの転職におすすめなのでしょうか。

個人的には、転職サイトです。

理由として、企業側の視点に立ち、考えたときに、スキルなしの未経験の人を採用するのにそんなに採用コストにかけられません。

採用コストを最もかけたいは、スキル経験が豊富な人に対してです。

そう考えたときに、1番採用コストがかからない手法はなどれか、それが転職サイトです。

転職エージェントやヘッドハンティングの場合は、100万以上/1人あたりの採用は、当然のようにかかってきますが、転職サイトであれば、30万程度/1人あたりに抑えることが可能です。

 

スキルなしの転職におすすめの転職サイト

そんな転職サイトの中で、スキルなしの転職におすすめなモノをいくつか紹介しておきます。

 

おすすめ転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめ転職サイト1つ目はリクナビNEXTです。

求人数の多さは、総合転職サイトNo.1なのでとにかく求人を閲覧したい方には非常におすすめです。

まだ転職する時期が正確に決まっていなくてとりあえず情報収集したい方にも十分に登録価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

おすすめ転職サイト2:doda転職

doda転職

おすすめ転職サイト2つ目はdoda転職です。

dodaは、転職サイトと転職エージェントが一体化しているので、登録すれば両方に利用できます。

一体化していることもあり、求人も非常に多い上、未経験OKのものもかなりあるので、キャリアチェンジを検討している人にはおすすめです。

また、dodaでは年に2~3回ほど、掲載企業と直接会える転職フェアを開催しています。

掲載情報では分からない部分を採用担当者に直接聞くことができますし、その場で面接できるチャンスもあります。

 

 

 

おすすめ転職サイト3:キャリトレ

キャリトレ

転職サイト3つ目は、キャリトレです。

ビズリーチが運営する転職サイトです。

ビズリーチは、「ビズリーチ」というハイクラス向けの転職エージェントと転職サイトをMIXさせたようなサイトをもう1つ運営しており、そっちが目立っていますが今回紹介するキャリトレという20代向けの転職サイトも運営しています。

転職サイトというよりは、スマホだけ転職活動が手軽でできる転職アプリに近いです。

画面に出てくる条件で当てはまるものをタップしていき、最終的にその条件にマッチする求人を弾き出してくれます。

ゲーム感覚で転職活動ができ、なんだか楽しいですよ。

 

 

 

まとめ:スキルなしの転職を突破しよう

 転職活動において求められるスキルとは、若さや資格だけではないことをお伝えしました。

先ほど「世の中の仕事は誰かの悩みを解決することで成り立っています」と書きました。転職先の企業も、何かに困っているからこそ採用に取り組んでいます。

企業が求めていることは何か、それは若さや資格にとらわれず、ご自身が持っているもので解決できるのか。

ぜひ、そんな視点で転職活動に取り組んでみてください。

成功をお祈りしています。

-転職ノウハウ

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2022 All Rights Reserved.