文系の職業選びってどうすればいいの?|需要があるおすすめの職業を紹介

この記事はこんな人におすすめ

  • 文系におすすめの職業を知りたい人
  • 文系の職種の将来性が不安な人
  • 文系の人

 

文系の学生は就職の際、どのように職業を選ぶべきなのでしょうか。

僕も文系出身なのですがやりたいことも特になく職業選びにはすごく悩まされました、、。

今回はそんな過去の悩める文系学生だった僕が就職の際に参考になるような記事を書きましたので現在文系の学生で職業選びに困っている人は是非参考にしてください。

 

文系はどんな職業でも就職することは可能

まず最初に言っておきたいのは文系だからNGな職種なんてほぼありません。

自分が専攻している分野と異なる理系向けの職種でも勉強すれば入りことができますし、基本的に新卒であれば年齢が若いので未経験で受け入れてくれます。

ただ理系が選ぶがちな研究職などはほとんどの文系は進むことはないでしょう。

他にも資格が必要な公務員、看護師、弁護士などの専門職も勉強しなければなれません。

その他稀有な職業として芸能系のお仕事がありますがこれらも目指す人がごく一部でしょう。

今回は研究職や資格を有する専門職、芸能系の職種は除いて紹介していきます。

もし公務員に興味のある方は公務員に就職するという選択。おすすめの勉強法と体験談。をご覧ください。

 

文系が就職できる職業

 

では早速文系で就くことのできる職業について紹介していきます。

 

文系の職業1:営業

特に男性になりますが文系の半数以上がこの営業職を選択します。

学生の僕がそうでしたがスキルも能力も特にないので「とりあえず営業かな〜」程度の気持ちで営業職を選択する人が多いのではないでしょうか。

正直営業経験は生きていく上で必要なスキルになりますので経験しておいて損はないですが営業には向き不向きがありますし、営業は企業によって違いがあります。

例えば、

・新規開拓営業

・既存顧客営業

・個人向け営業

・法人向け営業

・メールやテキストでの営業

・電話営業

などかなり細かく分類されます。

入社する前にどのような営業をするのかをきちんと把握しておくことが非常に大切です。

これは僕の話なのでスルーしていただいても構いませんが、僕は2年ほど電話での新規開拓営業をしていましたがかなりしんどかったです。

もう一生営業したくないとすら思いました。

僕の営業の時代については社会人の営業職は想像より辛い件。元営業マンからのお告げです。をご覧ください。

ただ営業を好きになり一生営業で食っていく人も中にはいます。

ちなみにコンサルタントという職業がありますがこれは営業の延長戦だと思っていただきたいです。

営業するだけではなく企業の課題解決のために幅広くお手伝いするイメージです。

コンサルタントと歌っているのものの蓋を開けたら営業じゃん。なんてこともあります。

 

文系の職業2:マーケティング

マーケティングが意外と就きたい人も多いのはないでしょうか。

なんとなくかっこいいイメージがあり憧れを抱く人も多いでしょう。

マーケティングと言ってもかなり幅広いので説明が難しいのですが、

・競合の調査

・結果数値の分析

・改善案の提案

などが主な仕事になるでしょう。

商品開発やサービス発案、売り上げの促進の手伝いができるように分析することが仕事です。

 

文系の職業3:事務

男性ではあまりいませんが文系女性で事務職に就く人は多いです。

事務職は、

・経費精算

・銀行とのやり取り

・給与の精算

・決算資料の作成

・備品の管理

など細かくするとかなり多岐に渡ります。

エクセルやワード、パワーポイントを上級レベルに使えることが必須となってきます。

特にエクセルを主に使用するのでエクセル関数を組むことができ、効率よく仕事をできるかがポイントになります。

 

文系の職業4:WEBディレクター/デザイナー

これは男女共に就いている人の多い職業です。

WEBデザイナーを経てWEBディレクターになるケースがほとんどですが元々大手に勤める場合はいきなりWEBディレクターになり子会社や外注先に制作物の指示をすることもあります。

WEBデザイナーの主な仕事は、

・HPの作成

・LPの作成

・バナーの作成

・広告の作成

・名刺の作成

になります。

新卒であれば未経験でも採用してくれる企業が多いです。

必要な言語としては

・HTML

・CSS

・PHP

・javascript

などです。

もし未経験でWEBデザイナーに興味のある方は【実体験あり】WEBデザイナーになるには?おすすめのスクールとおすすめの転職サイトも参考にしてください。

 

文系の職業5:ITエンジニア

ITエンジニアもWEBデザイナーとディレクターのように段階に分かれます。

初段階はプログラマーと呼ばれます。

プログラムのコードを書くことが職務範囲です。

この職業に就くためには、プログラミング言語を習得することが必須となります。

新卒採用の場合は未経験でもOKです。

現在は、プログラミングスクールのようなサービスが多数ありますので、そのようなところで勉強をするのも1つの手です。

プログラミンングスクールについてはおすすめのプログラミングスクールはどこ?専門スキルで生き抜くをご覧ください。

プログラマーの上がシステムエンジニア(SE)と呼ばれます。

手を動かすというよりは設計や構成に関わります。

エンジニアといっても

・アプリ開発

・インフラ構築

・業務システム開発

・WEBサイト開発

など多岐に渡り、それぞれ必要な言語も異なります。

また、自社でサービスを開発してるのか客先に出向し、その会社のエンジニアとして働くのかでも働き方は大きく変わってきます。

正直、20代後半からのITエンジニアへの未経験転職は学ぶのに時間もかかるので非常に厳しいです。

未経験は新卒採用の特権なのでもし手に職をつけたい人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

文系と理系どっちが年収高い?

この記事をみているほとんどの人がすでに文系、理系を選んでしまっていると思うのでどっちの年収が高いかを比べても意味がないかもしれません。

さらに個人差が大きすぎるので一概には言えません。

ただ、とあるデータによると、理系出身の平均年収が681万円に対して文系出身は583万円だそうです。

代替の効かない職種に就く可能性の高い理系が高くなっている理由でしょう。

ただ皆さんご存知の通り文系でも1000万以上稼いでる人は全然います。

 

文系の大半は営業や事務の道に進む

僕もそうでしたが学生時代に何も考えていないと男性の場合は営業、女性の場合は営業か事務職に進みます。

もし少しでもWEBやITに興味のある人は未経験で入社できる新卒採用でその道に進むことをおすすめします。

文系就職についてもう少し詳しく知りたい人は大学文系卒業者の就職はこんなかんじです。文系就職あるあるとアドバイスをご紹介も合わせて読んでみてください。

 

まとめ:文系でも様々な職業に就くことができる!

今回は文系におすすめの職業をまとめました。

おすすめといいますか、実際に文系が進んでいる職業の紹介のようになりましたね。

改めて覚えておいて欲しい点は

・文系はかなり専門の職業以外は何にでも就職できる

・大抵の文系は営業(コンサル含む)か事務になる

・2~3割程度は公務員またはWEB・IT系の職業に就く

・営業が絶対に向いていない、または嫌だ!という人は未経験でもWEB・IT系に進むことをおすすめ

・早めに将来について少しでも考える

です。

就職時に将来をことを細かく考えろ!と言っても難しいことも確かなのですができるだけ早めに将来のことを考えなければ流されるままに社会人になりやりたくもない仕事に就くことになってしまいます。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就活を知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.