就職 転職

上司が不機嫌な日は職場が地獄と化す。気分屋上司を撲滅せよ!

この記事はこんな人におすす

  • 直属の上司が嫌い
  • 上司との関係性に悩んでいる
  • 自らが上司の立場で後輩と良い関係が築けない

新パターン「機嫌の起伏が激しい上司」

会社において、上司の存在が部下に与える影響力はとてつもなく大きいです。

基本的に嫌いになった上司は何しててもいつなん時も嫌いなのですが、最近厄介なパターンの上司が現れたのです。

それは「その日の機嫌によって変わる上司」です。

会社に出社し、その上司を見た瞬間に分かります。「今日の上司、不機嫌じゃん」って。

これは僕の観察力がすごい訳ではなく、その上司と3ヶ月程度一緒にいる部下なら誰でもこの位の観察力は身につきます。

本当にすぐ分かる。そして、それを感じた瞬間、家に帰りたくなるのです。

上司の機嫌がすこぶるいい日もある

逆に上司が機嫌がいい日もすぐわかります。

出社して挨拶したら挨拶返してくれるからです。

上司が機嫌がいい日は本当に害なしです。THEいい上司です。

こんな人に機嫌が悪いことなんてないだろう!と感じてしまう位にいい上司です。困りますぜ。

不機嫌な上司に現れるサイン

今まで僕が体験したり見てきた不機嫌な上司のサインを洗い出してみました。

絶対共感してもらえるものがあるはずです。

不機嫌サイン①:「ありがとう」を言わない

例えば部下が電話を受け、その電話が上司宛だった際に部下から電話を受け取る時に「ありがと〜」とか普通ありますよね?

そのタイミングでの「ありがと〜」がなくても通話が終わり電話を部下に返す時には「ありがと〜」あって然るべきですよね?

それがないんです。もう社員退職しちゃいますよ?

不機嫌サイン②:話しかけてくんなオーラがすごい

もう機嫌悪いのが丸わかりなので話しかけるなオーラを身に纏っているんです。

その上司に相談する必要のない日であれば別に無害なのでいいのですが、どうしても聞かなければならないことがある日にそのオーラを纏ってると最悪です。

案の定質問しても冷たい返事ですし、淡白です。

なんで、上司の不機嫌で巻き込み事故食らわなあかんねん。

もうどっかのカフェで仕事してくれよ。

不機嫌サイン③:顔が怖い(または顔がブサイク)

まあその上司の顔が元々ブサイクなケースもありますが、上司が不機嫌な時は顔が鬼の形相をしています。

社内ですれ違うのも嫌です。

鬼の形相でひたすらパソコンをカタカタしています。

まじでなんなの?昨日恋人と別れたん?

不機嫌サイン④:部下へのお願いが雑

不機嫌な時の上司からの仕事依頼も最悪です。

誰とも喋りたくないのか本当に最低限のことしか言わず依頼してくるのでマジでわかんないです。

最後に「わかんないことあったら聞いて」って、、、、いや、聞きづらいんだよ。。。

不機嫌サイン⑤:部下が挨拶してるのに返さない

不機嫌な時の上司は部下の挨拶に返答しません。

前職で不機嫌な時、全然挨拶しない上司が朝礼で「挨拶ちゃんとしないと空気も悪くなるのでみなさんしっかりしましょう」と発言したときは

「あ、この会社やーめよ」と思いました。

不機嫌な上司は会社に悪影響すぎる

不機嫌な上司は会社、特に部下にとてつもない悪影響を与えているのだ。

いくつか具体的にご紹介させていただきます!

悪影響1:不機嫌なので質問しづらい

上記の不機嫌な上司に現れるサインでも触れているのですがものすごく質問しづらいんです。

でも、質問しなければ進まない業務もあるので意を決して話しかけるなオーラ全開のうんこ上司に質問するしかない。

やっとこさ質問できたと思ったら、めちゃくちゃ回答が冷たいんです。

そして、冷たい上に抽象的なので、もうちょっと具体的に聞きたいわけです。

そこでさらに踏ん張って聞くのですが、ずーと塩対応なのでもうこっちも諦めて、その冷たい回答から意図を汲み取り、作業を進めます。

日を跨ぎ、完成品をその上司に見せにいくと「え?こうゆうことじゃないんだけど?」と言われるのです。

「は?こっちはこうゆう事態を避けるために具体的に訊こうとしたのに、お前が機嫌悪くて塩対応な回答だったからこうなったんちゃうんかい!!!!!あ???????」と発狂する訳です。

悪影響2:周りの空気を重くする

もうそ不機嫌な上司の両隣の席に座っている部下で可哀想でなりません。

もう不機嫌オーラが周囲の空気を一気に重くするんです。

なんで何も悪いことしてないのに張り詰めた空気で仕事をしないといけないのか意味不明理解不能です。

もう機嫌悪い日はカフェやコワーキングスペースで仕事してくれよ。

誰も上司が外にずっと居ようと咎める人はいないし、社内もハッピーだし、最高だろ。

悪影響3:レベル1のミスがレベル100に膨れ上がる

共感いただける方もいるかと思いますが、不機嫌な人って他人への言い方もキツめになるんですよね。

仮に部下がミスするとします。

そのミスがレベル1程度だとしてもいつもよりキツく言うのでレベル100位のミスに見えるんですよ。

いや、そんな言うほどのミスじゃーーーないよ。

お前の不機嫌の方がよっぽどミス。と僕はその上司に告げてやりたい。

結論:上司は気分屋ではいけない

今この記事を見ている世間一般で言うところの「上司」にあたる人に言いたい。

マジで気分屋はやめてくれ。プライベートを仕事に持ち込むなとはよく言ったものだが、本当に持ち込まないで欲しい。

その機嫌の悪さが社員の退職へと繋がることを心に刻んで欲しいです。

しかし、気分屋をやめてくれと言われてももう何年もその性格で生きているので変化することも困難でしょう。

気分屋上司への対策

気分屋上司には以下のような対策をしてください。

上司と部下との間に絶対的な存在を置く

とてつもない信頼をおいている人(自分が気分屋であることも把握しており、不機嫌な状態でも気兼ねなく会話できる関係)を自分と部下の間に配置して欲しいです。

間に誰か入れば、その上司が不機嫌でも直接上司と絡むことはないのでまだ社内の空気が多少重くなる程度で済みます。

とにかく部下との直接触を避けてください。害しかないので。マジであなたの不機嫌が原因で部下が退職考えるレベルです。

部下を持たない

なるべく部下を持たないポジションに就いてください。

営業であれば、チームを持たずにとにかく個人で売りまくり、売り上げで会社に貢献する。エンジニアであれば、大規模な案件を持たず、小規模案件で1から最後まで自分だけで完結する。

など不可能な場合も存在するのはもちろん承知ですが、できる限り個人プレーができる環境に身をおいて欲しいです。

気分屋であることを自覚していない上司も多い

誰かその上司に注意してあげればいいんですが、その上司より上の立場の人やクライアントには、その上司も機嫌が悪かろうが流石に素行の悪さを見せないので立場が上の人は誰も気づかないんですよね。

しかし、部下が上司に「あなた気分屋ですよ。機嫌悪い時マジでヤバイっす」と言えるはずもないです。

そうゆう人は自分でも気づいていないので誰もその上司を止める人がおらず、無双状態になってしまいます・・・。

-就職, 転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.