IT転職を成功させるためにおすすめの転職サイトと効果的な活用法

この記事はこんな人におすすめ

  • IT転職を控えている人
  • IT転職向けの転職サイトを知りたい人
  • IT転職を成功させたい人

 

ITが進んできている時代、IT業界への転職も増えています。

IT業界に限らず転職活動をする方法としては、主に3つの方法があります。

  1. 転職サイトへ登録して、自分で応募したい求人を探す方法
  2. 転職エージェントへ登録して、エージェントが勧める企業へ応募する方法
  3. 友人や知人経由で企業へ応募する方法(リファラル採用と呼びます)

おそらく多くの方は、転職サイトと転職エージェントを並行して利用するのではないかと思います。

ITの転職エージェントについてはIT転職を成功させるための転職エージェントの効率的な活用法とおすすめのサイトをご覧ください。

今回はIT転職における転職サイトの使い方やおすすめの転職サイトについて紹介します。

 

IT転職で利用する転職サイトの種類

転職サイトを利用してIT転職をする際、利用する転職サイトは大きく2つです。

 

IT転職で利用する転職サイト1:総合転職サイト

1つ目は総合転職サイトです。

リクナビ、マイナビ、エンジャパン、DODAなどが有名な総合転職サイトです。

IT以外の職種も多く掲載されていますがそもそもの掲載母数が多いのでそれなりにIT系の職種の掲載も多いです。

 

IT転職で利用する転職サイト2:IT専門転職サイト

2つ目はIT専門転職サイトです。

IT専門の転職サイトは総合転職サイトと比べて宣伝量なども少ないので一般的に有名なサイトはないかもしれません。

具体的な転職サイトは後ほど紹介します。

 

転職サイトからの応募方法

転職サイトを利用して企業へ応募する際には、主に2つの経路があります。

 

1.公開されている企業の求人に直接応募する

1つ目は自分で掲載されている求人に応募する方法です。

この方法が一般的です。

転職サイトについている様々な機能を利用し求人を検索して応募するという流れです。

 

2.企業からのスカウトメールへ返信して応募する

2つ目はスカウトメールからの応募です。

多くの転職サイトにはスカウトメールという機能があります。

企業から気になる転職サイト登録者に直接「是非応募してください!」のようなメールを送ることができます。

それに応じて応募する方法です。

 

IT転職で転職サイトを利用する際の注意点

転職サイトを利用する上で気をつけていただきたいことをまとめました。

 

転職サイト利用の注意点1:職務経歴書を詳しく書く

職務経歴書を詳細に書かず求人へ応募するのは厳禁です。

ほとんどの確率で通過しません。

もし時間を経てもう一度応募しようとしたときに、過去に不合格になった人として登録されている可能性が高いので、無条件で不合格になる可能性があります。

プロジェクトの概要、携わったフェーズ、利用した技術、主な業務内容など具体的に記入してください。

転職サイトを利用する際には、必ず職務内容の詳細を記載する箇所がありますが、何も記載しなくても登録自体は問題なく行えます。

しかし、職務経歴を合否の最大基準にする企業も多いので気をつけましょう。

企業がスカウトメールを送る際にも職務経歴を読まれることがあり、機会損失につながってしまう恐れもあるかもしれません。

 

転職サイト利用の注意点2:書類通過率は5割と考えて応募する

大手転職サイトであるリクナビNEXTの調査によると転職サイト内の書類通過率は約5割であると言われています。

あくまでも平均値を用いた単純計算にはなりますが、10社応募すれば5社面接まで進める計算になります。

したがって、あまりに多くの求人へ応募しても、その後に面接へ参加する時間が作れない可能性があり、逆に応募が少なすぎても面接へ進む企業がほとんどない状態になります。

転職活動において、せっかく志望する企業の書類選考を通過したにも関わらず、面接へ行く時間が作れないとなってしまうのは機会損失でしかありません。

したがって、働きながら転職活動をする場合は、今の業務量からすると、何社ぐらいであれば面接に参加できるのかを考えましょう。

そして、書類選考通過率が5割であることから、面接に参加できそうな社数の倍は応募することが望ましいです。

書類選考通過から面接の時間があまりにも遅くならないように気をつけてください。

かなり時間が経過してしまうと転職の意思がないと見なされて不合格になるリスクがあります。

これらを踏まえて推測できる目安の応募数は約8社です。

なぜ8社なのかというと、書類選考通過率が5割なので、書類選考を通過して面接に呼ばれるのが4社です。

そして、面接の通過率も同じく5割程度であり、4社の面接へ参加すれば、2社の内定を得ることができる計算になります。

もし、1社だけ内定が出た場合は、他社との条件面などの比較することができなくなってしまうので、2社以上は内定を取っておきたいところです。

8社応募すれば単純計算で複数内定を取ることができるようになるので4社の面接に参加できそうであれば8社を目安に応募することをお勧めします。

 

IT転職におすすめの転職サイト

転職サイト利用時のコツや使い方を紹介したので次は実際にIT転職においてどの転職サイトを利用すべきかを紹介していきます。

ここでは転職サイトのみで転職エージェントは紹介しません。

転職エージェントを知りたい方はこの記事冒頭で紹介した記事をご覧ください。

 

IT転職におすすめの転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXT

 

1つ目のIT転職におすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。

全転職サイトの中で1番有名な転職サイトではないでしょうか。

求人数も非常に豊富でIT系の職種に絞って求人検索をすると10,000件以上ヒットします。

 

 

IT転職におすすめの転職サイト2:DODA転職

doda転職

 

2つ目のIT転職におすすめの転職サイトはDODA転職です。

このサイトもリクナビNEXTと同様に総合転職サイトです。

DODAは転職エージェントも有名ですが転職サイトも評判がいいです。

IT系の職種に絞って求人検索をすると10,000件以上ヒットします。

 

 

IT転職におすすめの転職サイト3:Green

green

 

3つ目のIT転職におすすめの転職サイトはGreenです。

GreenはIT/WEB業界専門の転職サイトです。

スカウトメールの機能も充実していたり、面接前に企業担当者とカジュアルに話せる面談の場を設けていたりと面白い施策を展開しています。

 

 

IT転職におすすめの転職サイト4:FINDJOB

ファインドジョブ

 

4つ目のIT転職におすすめの転職サイトはFINDJOBです。

元々総合転職サイトでしたがIT/WEB系に特化したサイトに生まれ変わりました。

WEBサイト、アプリともにリニューアルして非常にユーザーにみやすいサイトになっています。

 

 

まとめ:IT転職におすすめのサイトを利用して転職を成功させよう!

ここまでIT転職についてとおすすめサイトを紹介しました。

 

改めてIT転職の際、転職サイトを利用する際に気をつけるべきポイントをまとめると次の通りです。

 

・機会損失にならないように、職務経歴の詳細を面倒臭がらずに登録する

・4社以上の面接へ参加できるのであれば、複数内定を取るために8社を目安に応募する

 

これらに気をつけて転職活動をしてください。

また紹介した転職サイトも利用してみてください。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.